千葉から富山に越して来て3年目!小矢部の魅力や定住の情報を発信します。


by oyabeS
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NOOKヌーク

今回は、知る人ぞ知る、隠れ家のようなお店をご紹介したいと思います。

場所は、埴生地区の護国八幡宮の近く、以前ご紹介した「亜鳥舞」の下です。
ロイヤルメドウゴルフクラブの中にカレーのお店「Nook(ヌーク)」があります。

店内はエキゾチックな雰囲気の落ち着いたお店。
これまた、女子が好きそうな雰囲気のお店です。
a0255790_16541726.jpg


この日はランチ。
メニューは以下の5種類でした。

1.南インドチキンカリー
2.ドライキーマカリー
3.タイ風バジルチキンライス
4.牛すじハヤシライス
5.ジャージャー丼

a0255790_16553692.jpg



私は、「牛すじハヤシライス」を頼みました。
とっても美味かったです。

a0255790_16544248.jpg



またひとつ、お気に入りの場所が増えました☆
[PR]
# by oyabeS | 2012-12-11 17:15 | 美味しいもの
この時期になると、天気予報で流れる景色が白鳥に変わります。
その景色がとってもきれいで気になっていました☆

調べてみると、富山県内には、白鳥の飛来地がいくつかあるそうで、
さっそく行って来ました。

場所は、富山市の田尻池。
富山市の北西部、射水市との境に位置します。

田んぼの真ん中、後ろは立山連峰という絶景の中にある小さな池です。
この日は、白鳥より鴨が多かった><
触れそうなくらい近くまで行けるのがいいですね。

a0255790_13544642.jpga0255790_1356108.jpga0255790_13565631.jpga0255790_13563319.jpg

立山連峰を背に白鳥が空を舞っている姿がとっても雄大で幻想的☆
日常を離れ、ボーっとしたいときにオススメの場所です♪
[PR]
# by oyabeS | 2012-12-06 11:49 | ちょっとそこまで

レッツ精米♪

以前から気になっていた精米機、ついに試すことが出来ました/
小矢部に来た頃、精米機があちこちにあることに驚きました。
千葉では精米はもう済んでいるもの、と思っていたので。

よく聞くと、こちらでは、家に田んぼがあるのは当たり前。
自分達で食べるお米は自分達で作るか、委託しているところが多いそうです。
その自分たちのお米を精米するために、あちこちあるのですねぇ。

さて。気になっていた精米機。
素人にはなかなかハードルが高かったのですが、満を持してのトライです☆

案の定、お米を入れる場所を間違えるというハプニングがありましたが、
覚えてしまえば意外と簡単でした。

a0255790_9172367.jpga0255790_917428.jpg

手順は、
1.右側の機械にお米を入れる。
2.どの状態にするか選ぶ。
(よく分からないのでとりあえず、白米のコース。)
3.お米が左側の機械に落ちてきたら(自動)、袋をセットし、ペダルを踏む。
以上です。

意外と簡単でしょ?

お家に田んぼがなくても道の駅などで玄米を販売されているので、
それを購入し、ここで精米することができます。
ここのスーパーでは、1回、100円でした。

お米を精米すると、出来立てほやほやのような匂いがします。
自分好みにお米を調節できるのでおすすめです☆
[PR]
# by oyabeS | 2012-12-04 09:39 | 小矢部の暮らし
この時期、突然、パラパラと雹(ひょう)や霰(あられ)が降り始め、
地響きのような雷鳴がとどろく日があります。

これが「ぶりおこし」と呼ばれていて、この雷の音でぶりが起きるとか。
ぶり漁のシーズンを告げる風物詩だそうです。

千葉の雷や霰とは比較にならないすごさ。
特に霰は、向こうではめったに降らなかったので、とてもびっくりしました。
所変われば、同じ日本でもこんなに違うんですねぇ。

ニュースや新聞でも寒ぶりの話題が取り上げられ、この時期になると、
「そろそろ冬が来たな。」とタイヤ交換や雪吊りなどの冬支度に入ります。

ちなみにぶりは出世魚で、北陸では独特の呼び名があり、
コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
と変化していくそうです。

魚が美味しいこの季節。ぶりだけでなく、
甲箱ガニ・バイ貝・白子など、北陸の味覚を満喫できるのもこの時期ならでは。

冬の味覚を味わいながら一杯呑む。冬の楽しみはこれにつきますね♪
[PR]
# by oyabeS | 2012-11-28 16:03 | 小矢部の暮らし

アドリブでまったり☆

最近、小矢部市内にも少しずつ増えてきたカフェ。
その中の一つ、亜鳥舞に行って来ました。
(亜鳥舞と書いてアドリブと呼ぶそうです。)

場所は、埴生にある護国八幡宮の近く、
スポーツアカデミー、ロイヤルメドウゴルフクラブの更に上にあります。

a0255790_1012409.jpg

扉を開けると目の前は大きなガラス張りで、小矢部市が一望できます。
昼も素敵ですが、夜もとってもオススメだそうです。

店内は、ジャズが流れる、ゆったりとした雰囲気。
おひとり様でもまったりできそう。今度は一人で本を読みにこようかな。

a0255790_1013214.jpg

この日は、スイーツを注文しました。
友達はパフェ、私はケーキです。見た目もとってもおしゃれ!

a0255790_10135436.jpga0255790_1014233.jpg

そして、コーヒーを注文すると、かりんとうが付いてきます。
a0255790_10143693.jpg


美味しいスイーツと素敵な空間で、とっても癒されました/
たまには、こんなちょっとした贅沢もいいものですね☆

またひとつ、お気に入りの場所が増えました♪



冬季営業時間:
   月 Open 11:00 - Last Order 15:00
   水木日祝 Open 11:00 - Last Order 21:00
    金土  Open 11:00 - Last Order 22:00
    金土  BarTime 22:00 - Mid Night
   火曜定休

Cafe Dining 亜鳥舞(アドリブ)
〒932-0836 富山県小矢部市埴生56番地
Tel/Fax : 0766-67-2262
[PR]
# by oyabeS | 2012-11-27 10:29 | 美味しいもの