千葉から富山に越して来て3年目!小矢部の魅力や定住の情報を発信します。


by oyabeS
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

赤ずいきの根っこ(ヤツガシラというそうです。)をいただきました。
見るのもはじめてなら、もちろん、食べるのもはじめての食材です。
a0255790_140305.jpg


下の白い部分を剥いて見ると・・・。
ほんとにお芋が出てきました。
a0255790_13553817.jpg


甘じょっぱく煮て食べるとおいしくいただけるということで、早速調理しました。
なすと芋を焼いて、そこにだし汁と醤油・砂糖を加えて煮ました。

全く自己流なので、これで合っているのか分かりませんが・・・。
あっさりしたお味で、とってもおいしくいただけました。

調べて見ると、里芋になるのは青ずいきで、赤ずいきは主に葉や茎を食べるそうです。

ずっと気になっていた赤ずいき。
小矢部には他にもアマウリなど、千葉では見たことがなかった食材があります。
これがまた、どれもおいしいんですよね。

見慣れない食材は買うのに勇気がいりますが、新しい味に出会えるチャンスですね。
レシピがついているともっとチャレンジしやすいんですが・・。

個人的に気になるのは、赤い色身のオクラとかぼちゃのような白いズッキーニ、そして白いなすです。
今度、チャレンジしてみたいと思います。
[PR]
by oyabeS | 2012-09-11 14:36 | 小矢部の暮らし

宮島峡の滝

まだまだ暑い日が続く中、涼を求めて宮島峡の滝を見に行ってきました。

宮島地区に近付くにつれて、山が近くなり、緑が濃くなっていきます。
この道中だけでも、体感温度が下がって涼しくなったような心地がします。

県道の小矢部・津幡線沿いに、宮島峡の「一の滝」「二の滝」があります。

まずは、「一の滝」。

a0255790_16275035.jpg
a0255790_16282030.jpg

落差は3メートルと高いわけではないけど、
「小さなナイアガラ」と呼ばれているように、横に広い滝です。

駐車場から階段を降りると、「一の滝」が目の前に広がります。
こんなに間近で滝を見たのは初めて。
滝のしぶきがあがって、とっても気持ちの良い場所でした。

そこから同じ県道沿いを少し行くと、「二の滝」があります。

a0255790_16352254.jpg

「二の滝」は、「夏のつらら」として北日本新聞に紹介されました。

a0255790_16332712.jpg

この日は暑かったためか、涼を求めてやってくる人たちがちらほらと。

近くには、稲葉山牧場や道の駅・宮島温泉など観光スポットがたくさんある宮島峡。
石動の町から車で約10分ほどと、山深くはない場所にあることも魅力的ですね。

紅葉もきれいだそうなので、次回は紅葉時期に来て見たいと思います。
[PR]
by oyabeS | 2012-09-04 16:49 | ほっこりする場所