千葉から富山に越して来て3年目!小矢部の魅力や定住の情報を発信します。


by oyabeS
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:小矢部について( 6 )

寒さも緩み、少し暖かくなってきました。
何だかお出かけしたい気分。

こんな日には、お弁当を持って歴史散策なんておすすめです。
ある日の休日、埴生地区にぶらりと散歩に行ってきました。

源義仲騎馬像
a0255790_1311132.jpg
一際目をひく銅像が護国八幡宮の前にあります。
馬上の人物像としては日本最大級なんだとか。

この横にある「鳩清水」は、富山の名水に指定されています。

膿川
a0255790_13145396.jpg
平家軍の死骸から出た膿が川に流れたことからつけられたそうです。
名前と由来がインパクトありますね。

砺波の関
a0255790_13164974.jpg
北陸道の関所があった場所。
「 焼太刀を 礪波の関に 明日よりは 守部やりそへ 君をとどめむ 」
という歌を大伴家持が残しています。

そして、小腹がすいたら公園でお弁当タイム♪
鳥の鳴き声を聞きながらのお弁当って最高に贅沢な時間です。

護国八幡宮近くの若宮古墳は、お弁当を広げるのにぴったりな場所。
立山連峰と五箇山が見えるビューポイントです。

この辺りは坂が少なく、田んぼや畑が広がる里山です。
古に思いを馳せ、のんび~りしたいときにおすすめのお散歩コースです☆
[PR]
by oyabeS | 2013-03-07 13:04 | 小矢部について

雪景色と石動中学校

a0255790_10155519.gif

今日の一枚。
メルヘン建築の「石動中学校」です。

雪化粧された山とメルヘン建築がいい雰囲気♪
どこか異国を思わせる景色ですね☆


~~~~~~~~~ 「メルヘン建築」資料より ~~~~~~~~~~~~
1976年~92年ごろにかけて、日本や世界各国の有名建築物を
部分的にコピーした建物が公共施設として建てられました。      
その数、35施設。これらの施設は幼稚園や小中学校・公民館など、
子供からお年寄りまで幅広く利用されていることから、
夢のある町、みんなのシンボル、メルヘン建築の町、メルヘンチックな街・・・、
メルヘンの街おやべと呼ばれるようになりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by oyabeS | 2013-01-29 10:25 | 小矢部について

小矢部ブランド バラ

a0255790_16235584.jpg

写真は、研修先の、遠藤園芸さんにいただいたバラです。
一月前にいただいたバラが何と、まだ咲いています(一部は咲き途中)。

どんよりした冬に華やかなバラがお部屋にあると、ホッとしますね。

ちなみに、遠藤園芸さんのところでは、店売りもしています。

遠藤園芸(ローズエンドウ
[PR]
by oyabeS | 2012-12-25 16:10 | 小矢部について
Eマーク(富山県ふるさと認証食品)とは・・
「富山ならではの味を楽しみたい」「安心・安全な食品を選びたい」
食品を選ぶ時の目印になるのがEマーク(富山県ふるさと認証食品)です。

★Eマーク(富山県ふるさと認証食品)
優れた品質        Excellent Quality
正確な表示        ExactExpression
地域の環境と調和     Harmony with Ecology
という3つのEを「品」の形に配置し「良い品(イイシナ)」であることを表している。

★認証要件 
3つの基準に適合した食品が認証されます。
1.主要原材料が富山県産100%であること
2.製造された工場が富山県内にあること
3.食品としての品質が優れていること


小矢部市農業特産物推進協議会
Eマークのシールが貼ってある商品も紹介されています。
主に「メルヘン道の駅」や「Acoop」で販売中です。
[PR]
by oyabeS | 2012-10-09 13:50 | 小矢部について
a0255790_1155092.jpg

かわいいマンホールを発見。
石動(いするぎ)の町中にあるマンホール。

「火牛の計」の火牛と、市の市定花木である
「花菖蒲」「紅梅」「宮島杉」です。



「火牛の計]
寿永2年(1183年)5月、木曾で兵を挙げた木曾義仲と、それを迎え討つため北上した平維盛が砺波山において源平倶利伽羅合戦を繰り広げた。
そのとき義仲は、埴生八幡宮に戦勝祈願文を奉納し、夜陰に乗じ、鬨の声をあげ五百頭の牛の角に燃え盛る松明をつけ平家めがけて突入。
不意をつかれた平家の軍勢は、あわてふためき、十余文の倶利伽羅谷へなだれのように落ち込んでいった。



今年(2012年)の7月28日・29日の「火牛祭り」では、火牛の計をモチーフにしたレースが行われました。
[PR]
by oyabeS | 2012-08-01 11:17 | 小矢部について
にしんの糀漬けは、小矢部の郷土料理です。
発酵が促進されるため、蒸し暑い6月下旬から7月上旬にかけて漬け込みます。

歴史
北前船が活躍していた江戸末期から明治時代に掛けて、富山県で採れた米等の農産物を北海道へ運び、帰り荷に沢山の昆布と鰊を積み帰って来ました。

漬け込み風景
小矢部ブランドに認定されている田悟農産の「にしんの糀漬け」漬け込み風景。

a0255790_1043145.jpg自家製味噌作りからスタートします。
味の秘訣は、味噌にあるそうです。
a0255790_10454177.jpgうろこ取り作業です。
身欠きニシンは前日から水につけ戻します。
a0255790_1047736.jpg漬け込み作業をしています。
にしん、自家製味噌と交互に重ねます。

食べ方
洗わずに糀ごと食べられます。お酒のアテとして最高!
<その他>
お茶漬け・ホイル焼き・おにぎりの具・大根おろしなど、
色々な食べ方があります。
※おにぎりの具のご飯は酢飯のほうがおいしいそうです。


北陸は冬が長いので、こういった保存食品がたくさんあります。
昔からある生活の知恵。
無いから嘆くのではなく、在る中で作り出す知恵って素晴らしいなぁ。

お酒が好きな人はやみつきになる味だと思います。
作っているところによって味が違うので、色々な味を試して見て、自分好みの味を見つけて見るのもいいですね☆
[PR]
by OyabeS | 2012-07-17 11:13 | 小矢部について