千葉から富山に越して来て3年目!小矢部の魅力や定住の情報を発信します。


by oyabeS
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

連載終了のご挨拶

各地で桜の開花情報が流れるようになり、春らしくなってきましたね。

ここ小矢部でも、寒暖の差が10度以上と激しく、
冬から春へと変わっていくのを肌で感じています。

さて。
活動終了に伴い、今回の記事をもってブログを終了させていただきます。

早いもので、初めて小矢部に来てから3年の月日が経ちました。

新たな暮らしでのスタートは、冒険でもありました。
見るもの聞くもの全て新鮮。

その新鮮さに驚きはあっても、ギャップを感じることはなかったため、
いつの間にか、自然と小矢部に溶け込むことが出来ました。

小矢部の暮らしの魅力は、何と言っても、「自然とともにある」こと。

ぶりおこしが来るとタイヤ交換や雪吊りをし、春が来たら山菜を採る。
夏は畑作りに精を出し、秋は山の恵みに感謝する。

もちろん、魅力的なだけでなく、雪国ならではの冬の厳しさもある。
その厳しさがあるからこそ、春がいちだんと愛しく感じる。

だから、「自然とともにある」って魅力的です。

小矢部の暮らしは、知れば知るほど新たな魅力がたくさん出てきます。

これらの小矢部の魅力をありふれたものにしないために、
これからも、別の形で、発信し続けたいと考えています。

このブログを読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

小矢部にちょっと行ってみようかな?
そんな気持ちになっていただけたら、とっても嬉しいです。
[PR]
by oyabeS | 2013-03-21 15:07 | 小矢部の暮らし